こんにちは! 子育てらくらくアドバイザーの紀ノ本よしこです。

子どもに見返りを求めてしまうこと

ありますよね!?

そんな大きなことでもなく

日々の暮らしの中でのちょっとしたこと。

「ママ、ここわかんないんだけど教えて!

「いいよ、どれどれ」

まあ、普通のことですね。

そして数日後

「ねえ、ママ今ちょっと忙しいから、お皿をキッチンまで持ってってくれない?」

「やだ、今私もゲームで忙しいもん」

良くあるふつうの親子の会話かも知れません。

(見返り以前の問題って気もしますが💦)

これが重なると、

『いつもママはあなたのことに一生懸命になっているのに、あなたはママのこと全然考えてくれないんだよね。』

と思ってしまいます。

それが積もり積もると親子の関係がギクシャクします。

友だち同士でもありますね。

『私はいつも彼女の頼みごとは聞いているのに、私が頼んだことはまったくやってくれない!』

ありますよね~

深読みすれば、忙しかったのかも知れない、気づいてないのかも知れないなどいっぱい考えられます。

でも、一度懸念に思ったことは拭い去れない。

私はこう思うようにしています。

子どもに対しても友だちに対しても

私があなたに優しくしたことは、きっと誰かに優しくしてくれる。

それがずーっと続いて、いつかきっと私のところに戻ってくる。

これは「ペイフォワード」という映画で知ったことですが

とっても素敵な考えだと思いませんか?

1対1の関係で見返りを求めるとだんだん窮屈になってきます。

でもバトンのように次に次にと回っていったら

あなたのしたことは無駄にはなりません。

そしてまた自分のところに戻ってくる。

ペイフォワード

見返りを求めない!

Follow me!

株式会社キポット

〒344-0038
埼玉県春日部市大沼2-30-5
Tel:048-700-3124

048-700-3124

受付時間:10:00~16:00
(土日祝除く)