子育て情報

優秀な子に育てたい!?

2021-06-14

私たち親は、子どもが生まれてすぐのころ

生まれてきてくれたことに「ありがとう」って気持ちでいっぱい

ただただ、「元気に育ってくれればいい」と思っています。

それが日が経つにつれ、

こんな風に育って欲しい、あんな風に育って欲しいと

あれこれ望みが追加されます。

自分の子なら、絶対にできるはずと期待してしまう

親ならではの期待ですね。

決して、子どもを苦しめようと思っているわけではなく

あくまで「子どものため」なんです。

しかし、自分の子どもの現状や

子どもの思いに寄り添ってないと、困ったことが起きてしまいます。

ともすると私たち親は、我が子を他人と比べ、

他人に合わせたものを我が子に押し付けてしまいます。


それって、やっぱりどこかのタイミングで合わなくなってきますよね。

幼い子どもは、本能で親の役に立ちたいと思っています。

親はそれに甘えてしまい、自分の思いだけを押し付けることが多くなり、これが失敗の始まりです。

優秀な子に育てないなら

まず、心を育てること

脳と心は相関関係にあり、心が育てば脳がそれを察知して働きます。

脳だけ、心だけ育ててもバランスが崩れてしまうのは必至です。

「優しくして、何でも子どもの言うことを聞いていたら子どもがいい気になる」って言うママもいらっしゃいますよね。

子どもが図に乗るってことですが…

結局のところ、子どもが図に乗って困るのはママのほうだったりします。

「子どもの言うとおりにしなさい」とは言いませんが

子どもの思いに添っていないことは、お勧めしません。

子育ては、どちらにしてもある程度手間がかかります。

幼いころに手をかけるか、あとで大事になってから手をかけるかの違いです。

同じように時間やお金を使うのなら

子どもが興味を示し、子どもが楽しみながら出来ることの方がいいとは思いませんか?

親子が笑いながら成長していく方がいいでしょう。

じつはそれは脳にとっても良いことなのです。

嫌々ながらやることは脳細胞の消滅に拍車をかけます。

心が育てば脳は喜んで働くのです。

この仕組みを知っていれば、

もう、子どもの心を壊すようなことはできませんね。

本当に優秀な子どもは…

健全な心を持っています。


関連記事